作業員

スズメバチをどうにかしたいならプロに依頼しよう

ネズミ被害に遭ったら

ネズミ

ネズミは警戒心が強いので、ネズミ駆除グッズを使っても簡単に駆除できないので、いくつか使うと良いかもしれません。また、グッズを工夫して使った方が効果的なので、ホームセンターのスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

寄りつかせない事が大切

ハト

鳩は鳥獣保護法で守られているので、素人が駆除する事は出来ません。寄りつかないよう対策するのが基本となります。鳩の侵入を防ぐテグスは手すりだけでなく、エアコンの室外機部分などにも張ると効果的です。もし、巣が合った場合は雛が巣立ってから対策をしましょう。

比べてみることが大切

男性

ねずみ駆除依頼した際に発生する料金と言うものは、各業者によって異なります。どれだけ詳しい知識を持っているか、効果がちゃんと出ているかでも料金が変わるため、資料請求をしたり現地調査をしてもらうなど、自分たちで見極めたり比較することも大切です。

黄色の憎いヤツ

散布作業者

目に見えた時が一番危険

蜂にも色々種類がありますが、とりわけ危険性の高いのがスズメバチです。ミツバチやアシナガバチと比べても攻撃性が非常に強く、刺されてしまうリスクが高いです。防衛本能に優れているため、巣を守るために攻撃を仕掛けてくるので、巣を見かけたら決して近づいてはいけません。人家に巣を作るスズメバチの代表格はキイロスズメバチです。名前の通り体の色に黄色の部分が多く、飛行中はオレンジ色にも見えます。日本に生息するスズメバチの中では一番大きな巣を作ることができる蜂で、大きな巣を作るということは、それだけ蜂の数も多いのです。キイロスズメバチの活動期間は春先から秋にかけてですが、6月頃までは女王蜂自らが子育てをするほど、まだ働き蜂の数も少なく巣も大きくはありません。この時期に駆除をすることができればリスクも少ないのですが、大抵は目につかない屋根裏やベランダの隙間といった隠れた閉鎖空間に巣を作っているため、存在に気づきにくいのです。

安全の為には手を出さない

キイロスズメバチは夏に入ると数を爆発的に増やしていきます。女王蜂が卵を産むことだけに専念できるようになったため飛躍的に増えていくのです。そうなると手狭になり、大きな巣を作るため軒先などの開けた場所に引越しをします。巣を作るスピードがとても早いので、気がついたら巣ができていたというケースが多く、危険な状態になります。キイロスズメバチの駆除をするなら専門の蜂駆除の業者に任せるのが安全です。自力でも駆除は可能ですが、相手がスズメバチではリスクの方が高く、無理は禁物です。駆除をする際に注意しなければならないのが、巣の引越しの最中であった場合です。近くに元の古巣があるはずなので、一緒に駆除をしないと同じ場所にまた巣を作られてしまいます。